1 1

谷樋(たにとい)に大量のゴミが・・

屋根谷ゴミ写真.jpg

雨漏りの連絡をお客さまから頂き、雨漏りを点検しに、屋根に上げると谷樋(たにとい)に大量のゴミがたまっていました。

谷樋にゴミが詰まると、谷樋から水がオーバーフローして雨漏りになります。

近くに竹藪があり、竹の葉っぱが飛んで来るそうです。1年に1回の定期的な掃除が必要です。

フラット屋根雨漏り点検

雨漏り点検(フラット屋根)

シート防水のフラット屋根です。

雨が降る日に連絡を頂き、雨漏り点検に行って来ました。連絡をして頂いた方は、最近3階建ての中古住宅を買われたばかりです。雨漏り箇所を確認し、はしごを使いフラット屋根の屋上に上がると、シート防水の端の方がよじっれていました。

室内から見た雨漏り箇所の上のシート防水を見ると、小さな穴が開いていました。 築22年ということで、そろそろシート防水の寿命かも知れません。

   

雨漏り 防水穴

ちょうど、真ん中に小さな穴が見えます。

日本瓦がずれて雨漏りを起こしていました。

日本瓦修理.jpg

  

日本瓦がずれて、雨漏りを起こしていました。

瓦の下の土もかなり雨で、流されています。かなり古いお宅なので土の下は、杉の皮で防水をしています。瓦の下に土を入れ直し、瓦をずれないように固定し修理をしました。

雨樋(あまとい)からの雨漏り

RIMG0697.JPG

勝手口の天井から、雨が漏るということで診断に行ってきました。

 

RIMG0696.JPG

雨漏り箇所の近くにユニットバスの点検庫があり、そこから屋根裏を覗いてみました。

確かに、上から伝ってきた雨漏りの跡が天井裏に見えます。

 

RIMG0694.JPG

雨は思わずところから伝って来ますので、屋根裏を見て雨漏りの箇所を特定するのが、一番早いです。雨漏り箇所の上の屋根裏にシミが出来ていました。 ここから雨漏りをおこしているのですね!

    

RIMG0699.JPG    RIMG0700.JPG

屋根に上がると、縦樋(たてとい)が外れていました。縦樋がはずれると、雨が屋根の一箇所に集中して落ち、雨漏りの原因となります。早速、縦樋を接着剤をつけ接続をしました。

雨樋も年数が経ちますと、いろいろな不都合なことが起こりますので時期を見て交換をお勧めします。

 

 

大雨漏り

RIMG0832.JPG

 

お客様から、かなりの広範囲で1階と2階が雨漏りをしてとの電話を頂き、屋根を見にいって来ました。

ちょうど、雨漏りがして上に谷樋があります。水切り板金は錆びているのですが、いまのところ大丈夫なようです。一通り点検をしましたが、これと言った雨漏りが発生しそうな箇所は見つけられませんでした。

商店街なので、隣接している隣の人が谷樋にゴミが詰まっているのを取ったとの話を聞き、これが原因ではないかと思います。(丸が付いているのが谷樋の落とし口です、ここにゴミが詰まると谷樋がオーバーフローし、雨漏りが発生します。定期的な清掃が必要です。)

しばらく、様子を見て頂くことになりました。

割れたセメント瓦からの雨漏り

RIMG0842.JPG

 

築40年の家に住まわれるお客さんから電話がかかり、瓦が割れ雨漏りがしているので瓦の交換をして欲しいとの連絡を頂きました。

瓦を見てみると、当時大量に使用していた平板のセメント瓦でした。今現在、このセメント瓦は製造されていません。懇意にしている瓦屋さんに問い合わせ、中古瓦の在庫を譲って頂き破損しているセメント瓦を2枚差し替えを行いました(色が違うのが、新しく換えた瓦です)

2階の雨漏り

梅雨の雨で2階から雨漏りがすると、お客さんから電話を頂きました。

2階の天井を見てみると、直線で雨漏りの跡がありました。

早速、2階の屋根に上がってみると、屋根の棟違いの場所でした。

RIMG0927.JPG

  

段違いの部分のセメント瓦を外して見ると、棟付近に雨漏りの跡がありました。

RIMG1033.JPG

しかも壁際には、捨て谷(壁際に瓦の下に雨が入ってもだいじょうな様に入れる谷)がはいっていませんでした。

RIMG1034.JPG

早速、ルーフィング(防水紙)を引き直し捨て谷を入れました。

RIMG1040.JPG

セメント瓦を元に戻し、雨漏り修理が終わりました。これで大丈夫です。

RIMG1041.JPG

 

黒い屋根に、ある日突然白いすじが・・・

この前、葺き替えリフォームをして頂いたお客様より、屋根に垂れたような白いすじが出来たので、一度見に来て欲しいとの連絡を頂き、早速見に行きました。

鳥の糞(屋根).jpg

特に黒い屋根でしたから、白いすじは良く目立ちます。

この季節、野鳥のサギが屋根にとまり糞をすることが良くあります。家の方は心配されるのですが、雨が何度か降れば、徐々に色は薄くなっていきます。

このお宅の屋根の白いすじも、幾度かの雨ですっかりきれいになりました。

セメント瓦、雨漏り

二階の屋根が雨漏りをするということで、屋根を見に行きました。セメント瓦をめくると、いろんなところから、雨が入っていました。セメント瓦が老朽化により、屋根材としての機能を果たしいないということです。

RIMG1781.JPG

 

さらによく見ると、セメント瓦がずれないようにひっかけている桟木も、べニア板を使っており年数が立ち、バラバラになってきていました。

RIMG1778.JPG

 

この状態では、本当は新しい瓦に葺き替えるのが一番いいのですが、今後、ここのお家に住まわれるのが長くないから、簡易的な修理で雨漏りを治して欲しいとのご要望で、現在の瓦を一旦はずし下地のルーフィングと桟木をやり直し、またはずした瓦を伏せさせて頂きました。(写真は棟の部分を施工しています。)

RIMG1784.JPG

 

これで、半永久的に治ったとはいきませんが、当面の雨漏りは大丈夫です。修理価格も、葺き替えの約1/3で済みました。

RIMG1788.JPG

コロニアル屋根ズレ、割れ修理

メーカー住宅の屋根の修理をして来ました。メーカーに頼むと、結構大げさな装備が必要で、費用もかさむとの事で、当社に依頼が舞い込んで来ました。

 

谷部のコロニアル瓦のズレ(たぶん最初からコロニアルが止まっていなかった可能性があります)

コロニアル修理1.jpg

 

下り棟部分のコロニアル瓦が無くなっていました。(元々止まっていなかった可能性があります)

コロニアル棟ズレ 

 

コロニアル瓦のヒビ割れ(コロニアル瓦の反りが原因で発生することが多いです)

コロニアル割れ

すべて、シリコンにて修理させて頂きました。

谷樋(たにとい)の修理

施工前

RIMG0004.JPG

複雑な屋根の谷樋が錆びて穴が開き、雨漏りがしていました。

この谷樋を最初に施工した当時は、亜鉛引き鉄板が使用されていました。亜鉛引き鉄板は錆びるため、こまめなメンテナンス(塗り替え)が必要です。

 

施工後

旭軒谷工事1.jpg

今回、谷の上から被せて施工したのが、ガルバ材の谷樋です。ガルバ材はほとんど、メンテナンスいらず。

合わせて水が下に落ちる箇所(ドレン)も変えました。また屋根に乗ってる、使われていないクーラーの室外機も、撤去しました。これで大雨が降っても、安心して寝れますと喜んで頂きました。

雨漏りの修理

お客様から、2階が雨漏りがすると連絡を頂き屋根診断をしてみました。

この谷樋が怪しい

IMGP1324.JPG

 

良く見てみると、谷樋に穴が開いていました。

この谷樋の材質は銅板です。以前、銅は半永久的と言われていたのですが、最近の酸性雨により穴が開く銅板が多いです。

IMGP1321.JPG

 

早速、谷樋の穴が開いた銅板を撤去し、銅板の下地の防水シートをやり替え、

新たに丈夫なステンレスで谷樋をし直しました。これで、雨漏りは大丈夫です。

IMGP1337.JPG

大雨による雨漏り修理

一番難しい雨漏りが普通の雨では漏らず、大雨のときだけ漏る雨漏りです。

今回のお宅の屋根に上がってみますと

倉敷市K邸雨漏り修理.jpg

2階から降りて来ている雨といが途中で無くなっていました。(普通は1階の横とい迄ある)

これでは、2階に大雨が降ると縦の雨といから、かなりの勢いで雨が出てきます。

そして、瓦のすき間から雨が入り雨漏りを起こします。

倉敷T邸谷サビ.jpg

近くの谷樋の方も、穴が開いていないか確認をさせて頂きましたが、サビはでていましたがいまのところ大丈夫なようでした。

倉敷市平田T邸雨漏り修理施工後.jpg

早速、無くなっていた雨といを補修し、1階の横樋に流れるように継ぎ足しました。

また、サビが出ていた谷樋も塗装をさせて頂きました。これで、大雨が降っても大丈夫です。

ゲリラ豪雨による雨樋(あめとい)からの漏れ

西大寺G邸雨樋工事.JPG

岡山市西大寺の雨漏りのお宅は、ゲリラ豪雨の時に雨樋(あまとい)の途中から漏ってしまうという相談でした。このお宅の雨樋を見ると、沢山の雨樋がひとつの雨樋に集まって来ています。

少し大雨が降ると、雨が集中しますとひとつの雨樋では、裁ききれないようです。

横の雨樋の途中に、縦樋(たてとい)を追加しました。これで、少々の雨なら大丈夫そうです。

二階の部屋の雨漏れ

岡山市東区楢原 F邸雨漏り修理
岡山市東区楢原雨漏り修理天井.jpg
度重なる雨で、2階の天井から雨漏りがし始めたとの相談を頂きました。
岡山市東区楢原屋根雨漏り.jpg
早速、屋根に上がってみると、瓦の一枚がヒビが入っていました。ここから、雨が侵入した模様です。
岡山市楢原雨漏り補修後.jpg
瓦の差し替えが一番いいのですが、古い瓦ということで替えの瓦がありません。シリコンでヒビの部分の補修を行いました。これで、雨漏りは大丈夫です。

岡山市中区関、押入れの雨漏り

押入れが雨漏りをしているとの連絡を頂き、早速診断に行って来ました。

押入れの天井を見ると、数か所カビが生えています。

岡山市関雨漏り.jpg早速屋根に上がり、雨漏り付近の瓦をめくり下地の雨漏りのシミを探しましたが、まったく雨漏りのシミはありませんでした。

この場合、押入れの中に湿気ているものを保管していていて空気の入替を行っていなかったため、カビが発生したようです。住まわれている方も、雨漏りでなくて安心したようです。

強風で瓦が落下して、隣の瓦を破損(玉野市O邸様)

強風で瓦が落ちて、隣の屋根を壊してしまいました。

CIMG0524.JPG

 

2階袖のかわらが強風の影響で、脱落したみたいです。

CIMG0535.JPG

 

隣のかわらを修理するにあたり、かわらを調べると現在生産されていないモニエル瓦の平板でした。

幸いにも、お隣にかわらの予備あり早速差し替えをさせて頂きました。

CIMG0534.JPG
家を建てたときの施工不良で、瓦が強風で落ちたようです。

早速、そちらの方も修理をさせて頂きました。これで安心してお住まいになれます。