1 1

屋根簡単用語辞典

用語        

 説明

■ あ行  
淡路瓦 兵庫県淡路地方で造られる釉薬瓦
   
いぶし瓦

瓦の焼きの段階で、燻化(くんか)を行って、銀色の炭素膜を表面に形成させて焼き瓦

   
S型瓦 S型の形状の瓦
   
■ か行  
ガルバリウム ガルバリウム 鋼板とは、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた鋼板です。
カラーベスト 

クボタが製造していた化粧石綿スレート。軽い特徴があります。

金属瓦

大半が金属のガルバニュームの素材の瓦です。軽い、加工しやすい特徴があります。

   
 さ行   
桟木(さんぎ)  野地板に瓦を引っかける為の木。15mm×18mmぐらい 瓦桟とも呼ぶ
三州瓦

愛知県で造られる釉薬瓦、日本一生産量が多い

スレート瓦 セメントと石綿を原料にした薄い形状の瓦(カラーベスト、フルベスト他)
石州瓦  島根県で造られる釉薬瓦、日本で2番目に生産量が多い 
セキスイかわら 地震、台風など災害に強い軽い防災かわら。 
セメント瓦 セメントと砂のモルタルが原料で、形成した瓦

 
■ た行   
谷樋(たにとい) 屋根と屋根の谷に引く金属製の樋(とい)
天窓 屋根に付けられた明りを取り入れる為の窓 
樋(とい) 屋根の軒先につける屋根に降った雨を流すもの。プラスチック製が大半で、形状は半丸と角がある。
   
■ な行   
粘土瓦 いぶし瓦と釉薬瓦がある。練り土を使って、焼いた瓦のこと
野地板  瓦の下の屋根板の事。コンパネまたは杉板が大半。
のし瓦  壁際に施工する瓦 
 は行   
平板瓦 平べったい形状をした瓦
   
    
棟瓦 屋根の一番高い部分に施工する瓦
■ や行   
屋根勾配  屋根の傾きの事。単位は寸を使う、大きくなるほど傾きがきつい屋根。
釉薬瓦 粘土瓦を焼く前に、釉薬(ガラス質)をかけて焼いた瓦
雪止め  屋根に積もった雪が落ちないようにした金物 
 ら行   
ルーフィング 瓦の下に引く防水シート。アスファルトを原料にしている。
   
■ わ行   
和型瓦 波形状の瓦
 

 

                                                   TOPへ戻る